あなたがお探しのカードローンはどのタイプ?

あなたに最適なカードローンを具体的にアドバイス
用途に合わせた最適なカードローン選びをバッチリサポートします!

  • 今すぐお金を借りたい
  • 初めてお金を借りたい
  • 金利が安いところでお金を借りたい
  • 他社で借入しているけどお金を借りたい
  • まとまったお金が必要

カードローン本審査に通らないの6つの理由

改正貸金業法が2010年6月18日より施行され「総量規制」が導入されました。

この総量規制が与えた3つの影響について詳しく解説していきます。

1.年収の1/3以上の借入ができなくなった

消費者金融、信販会社、クレジットカードのキャッシングなどで利用できる金額の合計が、年収の1/3未満となりました。これにより、多額の借入をすることは難しくなったのです。

2.すでに年収の1/3以上の借入がある人が、追加で借入ができない。

総量規制が適応される以前に年収の1/3以上の借入をしていた人は、借入金額が年収の1/3未満となるまで
追加で借入ができなくなりました。また、借入額が1/3未満になった後も、限度額は年収の1/3のままですので、すぐに大きな借入をすることができません。

3.収入がゼロの方は、配偶者の同意書と、婚姻関係を証明する書類の提出が必要となった。

専業主婦など本人に収入がない方は、審査を受ける際に配偶者の同意書と婚姻関係を証明する資料の提出が不可欠となりました。つまり、「これまで旦那さんに黙って、こっそり借りる」ということができなくなったのです。

利用者にとっては、かなり大きな影響と感じるはずです。
では、今後どのようにカードローンを利用していけば良いのでしょうか?

これからどこのカードローンを利用すれば良いのか?

この総量規制にも抜け道があります。
実は総量規制の対象になるのは、消費者金融、信販会社、クレジット会社、事業者金融会社だけなのです。

つまり、銀行は総量規制の対象外であり、年収の1/3以上の借入できます。

代表的なところとしては、みずほ銀行、楽天銀行、じぶん銀行などがあります。
年収の1/3以上の借入を希望する方は、これらの銀行のカードローンから選ぶことをオススメします。

また、銀行のカードローンは金利が安く、限度額も大きいなど、普通に他の消費者金融などと比較しても非常に使いやすいと言えます。

ですから、今後借入を希望するのであれば、まずは銀行のカードローンの中から選ぶようにしてください。

銀行のカードローンの注意点!

銀行のカードローンには年収による申込み制限があることも覚えておいてください。

年収による申し込み制限無し みずほ銀行カードローン、じぶん銀行
年収300万円以上の方を対象 楽天銀行
年収500万円以上 オリックスバンクプレミア

年収による申込み制限がない銀行もあります。これらのカードローンは最も利用しやすいと言えますので、審査に通過できるか不安に感じている方は、まずはこれらのカードローンの中から選ぶことをオススメします。

Copyright © 2009 カードローンMAX All Rights Reserved.