あなたがお探しのカードローンはどのタイプ?

あなたに最適なカードローンを具体的にアドバイス
用途に合わせた最適なカードローン選びをバッチリサポートします!

  • 今すぐお金を借りたい
  • 初めてお金を借りたい
  • 金利が安いところでお金を借りたい
  • 他社で借入しているけどお金を借りたい
  • まとまったお金が必要

住宅ローン・保険などに影響はあるのか?

カードローンを利用すると、自分の生活に何か悪影響があるのでは?
と不安に感じる人もいるのではないでしょうか?

特に、保険や住宅ローンなど、他の金融商品に対して、悪影響が出ることを不安に感じている人は多いはずです。

で、結論から言うと、きちんと返済さえすれば、影響はありません。

カードローンを利用していても、保険や住宅ローン、一般的なローンも普通に利用できます。

しかし、あくまでも「きちんと」返済さえすればの話です。返済遅延があったり、返済時に何かトラブルがあった場合は、保険やローンの利用にも影響が出ます。

その理由は、カードローン会社が審査のときに照会する「個人信用情報」は、ローン会社も保険会社もチェックできるようになっているからです。

あなたがお金の返済遅延や、トラブルを起こした場合、その記録は全て個人信用情報に残ります。

そして、保険会社やローン会社が、個人信用情報をチェックした場合、個人信用情報に傷がついているだけで、ローンを組むことや、保険に加入することを渋られたり、断られるケースがあるのです。

個人信用情報に傷が付く条件とは?

カードローンでお金を借りたときには、3ヶ月以上延滞すると事故情報として扱われてしまい、個人信用情報に傷がつくといわれています。

しかし、実際には、返済が1日遅れただけでも、返済遅延として、個人信用情報に記録されてしまうそうです。

返済遅延の記録は、個人信用情報に5年間は残り、きちんと入金をしても記録を消すことはできません。

また個人信用情報に記録が残るのは、返済遅延だけではありません。債務整理をした場合、その記録は7年間も残ります。

そして、その7年間はローンを組むことも、保険に加入することもできません。債務整理は他の金融商品の契約に大きな影響を与える行為なのです。

あなたの生活に悪影響を出さないためにも、返済遅延などのトラブルは起こさないように充分気をつけてください。

Copyright © 2009 カードローンMAX All Rights Reserved.