あなたがお探しのカードローンはどのタイプ?

あなたに最適なカードローンを具体的にアドバイス
用途に合わせた最適なカードローン選びをバッチリサポートします!

  • 今すぐお金を借りたい
  • 初めてお金を借りたい
  • 金利が安いところでお金を借りたい
  • 他社で借入しているけどお金を借りたい
  • まとまったお金が必要

債権回収、取り立ての具体的な流れ

カードローンでお金を借りることを考えると、
どうしても「取立てが怖いのでは?」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか?

それは、ヤ○ザが取立てにくるテレビドラマや映画を見ている人が多く、
「怖い」というイメージが定着してしまっているからでしょう。

実際の取立ては、どうなっているのか?というと、取り立ての方法は法律で定められています。

取立ては、正式には「債権回収業務」という名称で、正規のカードローン会社は、法律で決まった債権回収業務しか行えないのです。

債権回収業務の方法は以下のような流れで実施されます。

  1. 電話によって連絡を取る
  2. (電話で連絡が取れない場合)郵便によって連絡
  3. 電話・郵便でも連絡が取れない場合のみ、自宅か勤務先に訪れ本人と面談
  4. 1~3の中でも返済が滞った場合、もしくは支払いができない場合には双方話し合いの上で、法的な手続き(訴訟、調停、個人破産、民事再生、個人再生など)を実施

この手順を取らなかった場合は、全て違法業務として、逆に訴えることも可能です。

ちなみに、正規のカードローン会社がこの手順を踏まないことはありません。
安心してください。

債権回収のルール。 これはすべて違法行為です。

債権回収の流れを知ってもらったところで、どんな行為が違法行為であるかも覚えておいてください。

まず、債権回収のイメージにある「玄関を叩かれる」「家の窓や壁にチラシを貼られる」「暴力を振るわれる」と言った行為は、当然違法行為となります。

細かく言えば、午後9時から翌朝の午前8時までは債権回収行為をしてはならず、電話や訪問をすることも違法なのです。また、債権回収のために、連絡もせずに勤務先に押しかける行為も違法です。

他の金融機関からお金を借りるように、話を進める行為も違法であるため、誘導されることを言われたのであれば、すぐに消費者センターなどに相談をしてください。

また、違法行為を行われた場合は、金融庁に連絡をすることで、カードローン会社に勧告が行きます。結果、債権回収業務の制限や、停止にも繋がりますので、覚えておいてください。

ただし、これらはあくまでも正規の会社から借入れをした場合に限ります。
ヤミ金融などは、違法行為と知っていながらも債権回収業務を行っているところもあるそうです。

ヤミ金融からお金を借りることは決してせず、正規の会社だけに絞って、借り入れの申し込みをするようにしましょう。

Copyright © 2009 カードローンMAX All Rights Reserved.